●ドン・トンプソン/Don Thompson(P)
1940年カナダ・ブリティッシュコロンビア州パウエルリ バー生まれ。1967 年からトロント在住。ベース、ピアノ、 ドラム、ヴィブラフォンなどさまざまな楽器を駆使して 歌う技巧派マルチプレイヤー。“カナダ・ジャズ界の巨匠” として知られる。1965 年、伝説のジョン・ハンディ・ク インテットに加わった。1974 年にジム・ホールのリーダ ー・バンドの一員となり、1982 年からはジョージ・シア リング(p)のバンドに 5 年間参加した。以降はポール・ デスモンド、リー・コニッツ、ジョー・ヘンダ―ソン、ズ ート・シムズ、ケニー・ホイラー他偉大なミュージシャン と共演。また、自身のビッグバンド、カルテット、JMOG のメンバーとして活躍するほか、ワークショップなどでも活動。カナダの今や人気 No.1 のダイ アナ・パットンの CD、コンサートをプロデュースする。ダイアナ・クラールにおいては 1 年間 プライベートレッスンを行った。日本ではジム・ホール、ジョ-ジ・シアリングのベーシストと して有名。カナダにとって功労のあった人に与えられる、2009 年 Order of Canada, Officer(カ ナダ勲章)を受勲。 国内外での共演及びレコーディング/ロブ・マコネル、エド・ビッカート、レニー・ブロウ、ソ ニー・グリニッジ、パット・ラ・バーベラ、ポール・デスモンド、ミルト・ジャクソン、アート・ ファーマー、ジェームズ・ムーディ、ズート・シムズ、クラーク・テリー、ハリー・エジソン、 フランク・ロソリーノ、スライド・ハンプトン、リー・コニッツ、サラ・ヴォーン、レッド・ロ ドニー、ジョー・ヘンダーソン、デューイ・レッドマン、レッド・ミッチェル、ケニー・ウィー ラー等多数。  
   ●パット・ラ・バーベラ/Pat La Barebara(ts)
1944 年ニューヨーク生まれ。バークリー音楽大学卒。 1974 年からトロント在住。ウッディー・ハーマン、ル イ・ベルソンのソリストとして知られ、バディー・リ ッチ楽団では7年間ソリストとして活動。米国、欧州、 日本で注目のテナー サックス ソリストとしてレコ ーディング、ツアーを行う。1975 年エルビン・ジョー ンズ・ジャズマシーンに参加。1979 年にはヨーロッパ ツアー、2001 年から 2 年間ヨーロッパ、日本を再訪。 カナダ JUNO 音楽賞とジャズリポート賞を受賞。現在 も内外のフェスティバル、ライブで活動中。2019 年ト ロンント、ハンバー・カレッジの教授を退任。世界で 最もエキサイティングなホーン奏者。
   ●ダリル・ホール/Darryl Hall(b)
1963 年ペンシルバニア州フィラデルフィア生まれ。現 在パリ在住。1986 年マーケティングの学位を取得しテ ンプル大学を卒業。1992 年 NY に住まいを移し、マン ハッタン音楽学院 Master Program Composition に入 学。幅広いジャンルの世界各地のジャズアーティスト と共演。レコ―ディングも自己のアルバムをはじめ多 数ある。ニューヨークでは、マルグルー・ミラー、ハン ク・ジョーンズ、ジェリー・アレン、レジーナ・カータ ー、ラヴィ・コルトレーン、ロバート・グラスパー等と 共演。 1996 年、セロニアス・モンク・インターナショ ナル・ベース・コンペティションの優勝者でもある。 2004 年以来はヨーロッパに活躍の場を移しマーシャ ル・ソラール、シダ・ウォルトン、ジョー・ロック、ケニー・バロン、ダイアナ・リーヴス、エ ンリコ・ピエラヌンツィ、ロザリオ・ジュリアーニ等とヨーロッパ各地(フランス、イタリア他) の多くのヨーロッパ人やそこを訪れるアメリカ人アーティストと共に演奏している。彼の多様 性、魂の豊かさ、開放感、そしてプロフェッショナリズムは、伴奏者としてダリルを選ぶアーテ ィストを満足させている。
BBA Marketing, Temple University 1986 /Winner Thelonious Monk International Bass Competition 1996/ Master Program Composition, Manhattan School of Music 2001